HOME >カラースプレータイプ|白髪染めの種類

カラースプレータイプ|白髪染めの種類とは?

カラースプレータイプとは?

ヘアカラータイプとは

 

カラースプレータイプの白髪染めは、一時的に白髪をカバーしたい方におすすめの染料です。


いわゆる、『一時染め』に該当するスプレータイプの白髪染めと言えるでしょう。


カラースプレータイプの白髪染めは、表面に色をつけるだけなので長期間白髪をカバーした方にはおすすめできません。


髪を洗い流すと同時にカラーが落ちてしまうからです。ですから、白髪のカバーを長持ちさせたい方は、このタイプの白髪染めだと意味がありません。


なんと言っても瞬時に白髪をカバーできるところがカラースプレーのメリットといえるでしょう。


スプレーを髪に吹きかけると、その部分に瞬時に色がつき、目立つ白髪をあっという間にカバーしてくれます。


一時染めには他にもスティックタイプやマスカラタイプなどがあります。その中でも、カラースプレーは一度で広範囲の白髪をカバーできるので、急なお出かけや来客の時に役に立つんです。

 

通常の白髪染めの場合、まず染料を作るところから始まり、髪に塗布した後、しばらく放置してからシャンプーで洗い流すという一連の作業が必要となります。


1回の作業時間は髪の量や放置時間にもよりますが、およそ30~1時間ほどかかってしまうのが一般的です。


一方、カラースプレーは乾いた髪の上から直接スプレーをかけるだけなので、面倒な準備もいらず、所要時間もたった数分。


思い立った時に使えるので、染めている時間がないときでも白髪をすぐにカバーすることができます。


白髪染めをした後に新しく生えてきた個所にリタッチする用として使う分には、何の問題もありません。あくまで"一時的なカバー"ということをしっかり頭に入れて使うようにしましょう。

 

最初にも説明した通り、"あくまで一時的にカバーしたい方"におすすめなので、染める部分が多い場合は、カラースプレーは使用しないようにして下さい。


また色落ちしやすいので、汗をかきやすい季節なんかは注意が必要。


最近では、質の良い白髪染め用カラースプレーも増えていますが、万が一のこともあるので、屋外にいることが多い時なんかは、カラースプレーは使用しないようにしましょう。色落ちし、服に付着しても大変ですからね。

 

カラースプレーは永久染毛剤と呼ばれるヘアカラーに対し、あくまで応急処置用のアイテムです。

 

最近のカラースプレーは1~2回程度のシャンプーなら色落ちせずに残るというものもありますが、それでも色をなるべく長持ちさせたい方には向きません。


そのため、カラースプレーはいざというときの応急処置か、あるいはヘアカラーを使うまでの一時しのぎとして使うことをおすすめします。

 

カラースプレータイプで最も有名なのはこの商品かな?

 

ビゲン カラースプレー 自然な黒色 8 / ビゲン / カラースプレー★税込1980円以上で送料無料★...

おすすめの白髪染め情報

敏感肌や毛染めの種類によっては、頭皮がチクチクしたり、かゆみがでたり、パサついたりと悩みがつきません!!

 

もうすぐ同窓会が控えている方の中にも、肌同様、髪や毛染めに対するお悩みを多く伺います。

 

それをなんとか解消できる白髪染めはないかと探した所、無添加白髪用利尻ヘアカラートリートメントが最適だと分かりました!。

 

髪表面をやさしくマニキュアするタイプですので、髪や頭皮を傷めません。シャンプー後のトリートメントとしてお手入れできる手軽なものにしています。

 

ツンとくる嫌なニオイもない無臭なんですよ。少し明るめのライトブラウンで若々しいカラーを楽しんで見てください。きっと自信を持って同窓会に行くことができるでしょう。

 

白髪やダメージヘアもこれ一本でキレイ染め!≪サスティ≫

 

 

» インデックスページに戻る

ページのトップへ戻る